そろそろ五月人形の時期!準備はできた?

5月5日はこどもの日ですよね。男の子がいるご家庭は多くの方が五月人形と呼ばれる兜を飾ったりするのでしょうか?実は1月に第二子となる男の子を出産をしたことで、自宅のインテリアを邪魔しない兜を準備したいと思うようになりました。そこで今回は、シンプルホームが好き、モノトーンインテリアが好き、小さめの兜が欲しいという方に向けた記事をご紹介します。我が家で用意した兜はスタイリッシュ兜です。

スタイリッシュ兜とは?

これが私が勝手に呼んでいるスタイリッシュ兜というものです。きらっと光るプラチナのツイード柄とグレーカラーで構成されています。店頭販売されているものとは違い、かなりシンプルでスタイリッシュではないでしょうか?見る方によっては物足りなく感じるかもしれませんが・・。実はこれ、私が作りました。

なぜスタイリッシュ兜にしたのか?

スタイリッシュ兜を作ったきっかけは、店頭販売されている兜に好みの物がなく、むしろ怖かったからです。私自身は姉しかおらず、昔から兜に触れる機会がなく見慣れていないため、兜をかっこいいと思う反面、怖いと感じることが多くありました。そのため、息子が産まれたら兜どうしようかなぁとずっと悩んでおりましたが、作ればいいや!と思い自分好みのものを作ることにしました。自分好みのものであれば飾るのも嬉しいし、インテリアにもマッチするし、子供の為に何かを作るのって素敵ですよね。

そもそもポーセラーツって?

ポーセラーツについては別記事でご紹介したいと思っていますので、ここでは簡単にご説明します。ポーセラーツとは陶磁器に絵付けをするクラフトです。絵付けをするので、使う陶磁器は基本的に真っ白いものが多いです。例えば真っ白いマグカップをボーダーにしたり、真っ白いコーヒーカップをツイード柄にしたりと好きな模様をつけることが可能です。私はポーセラーツをずっと習っていて、サロンを開けるインストラクターの資格も取得しております。今回はそのポーセラーツを使って、自分好みの兜を作ってみました。

モノトーンインテリアに合う兜を

店頭販売されている兜には、モノトーンインテリアに合う色味のものはあってもインテリアに主張してくるものが多いですよね。そんな中ポーセラーツで作る兜は大きすぎず主張し過ぎないので、自然とインテリアに馴染んでくれます。今回作ったものは、いつか真っ白い玄関の棚に飾りたいなぁと想像しながら作りました。実際はリビングに飾っていますが・・。

もうすぐ子供の日!兜以外にも鯉のぼりを飾りたい!

5月5日はこどもの日ですよね。兜は間に合いましたが、鯉のぼりまで考えていませんでした。私が子供の頃は、家の外に鯉のぼりを飾るご家庭が多くいましたが、最近ではあまり見かけなくなりましたね。私自身も家の外に鯉のぼりを飾ろうとは思いませんが、家の中に鯉のぼりを飾りたいと思っているので、少し候補をご紹介します。

モノトーンな鯉のぼりガーランド


モノトーンの鯉のぼりガーランドです。スタイリッシュですが可愛さもあり、こどもの日以外でもずっと飾っておけそうなデザインですね。子供部屋に飾れば、雰囲気もぱっと変わり男の子も喜んでくれそうです。

木の風合いが素敵な鯉のぼり

こちらは木の風合いがとても素敵な鯉のぼりです。お子様の名前を入れることができるので、初節句のプレゼントにぴったりです。大きさも大中小の中から選択できるので、お部屋のイメージに合わせて大きさを決めることが可能です。

フランス生まれの鯉のぼり

こちらはフランス生まれのブランド、マダムモーのものです。ポップな色合いがとても可愛い鯉のぼりです。大きさやカラーもたくさんあるので、お部屋のアクセントとして使ったり、子供部屋だけポップにするのも素敵ですね。

モノトーンの鯉のぼりももちろんあります。

おもちゃにもなる可愛い鯉のぼり

私が一番気になっているのがこの鯉のぼりです。とても可愛いですよね。うちにも星形のおもちゃがありますが、kiko+などのおもちゃをプロデュースしたkukkiaデザインの鯉のぼりです。鯉のぼりは差し込むだけなので子供でも遊びながら作ることができ、また鯉のぼりを積み木のように重ねて遊んだりもできる商品です。可愛い鯉のぼりも自分でカラーを選択できちゃいます。これはぜひほしいな。

自分好みの兜と鯉のぼりで5月のインテリを楽しもう!

今回は我が家の兜とおすすめの鯉のぼりをご紹介させて頂きました。兜や鯉のぼりは季節ものなので一年のうち一時期しか飾らない方が多いと思います。なのに価格は高いし、なかなか自分好みのものがないことが多いですよね。そんなシンプルが好き、スタイリッシュなインテリアが好き、という方に参考になれば嬉しいです。一時期しか飾らないものだからこそ、自分好みのものを飾って5月のインテリアを楽しくしてみましょう。